広島県中小企業団体中央会

082-228-0926(本所・広島)
082-922-4258(支所・福山)
chuokai@chuokai-hiroshima.or.jp

中央会からのお知らせ

「働き方改革セミナーin広島」参加者募集のご案内
2017-10-17
少子高齢化に伴う労働力人口の減少が進む中、地方・中小企業をはじめとする人手不足は、喫緊の経営課題となりつつあります。また、経済のグローバリゼーションの進展、AIやIoT等の技術革新により、企業を取り巻く経営環境は大きく変化しています。企業の持続的な成長を実現するためには、働き方改革を通じて、多様な人材が多様な働き方を選択できる環境を整備し、潜在的労働力を引き出すことや、労働生産性を高めていくことが求められます。
本セミナーでは、地方都市における働き方改革の取組み活性化を目的とし、働き方改革の先進事例に加え、地方・中小企業および自治体の取組み事例をご紹介いたします。
 
 
 【日時】2017年11月22日(水)13:00~17:00
【場所】ホテルグランヴィア広島4階 悠久の間
【定員】先着180名(参加無料)
【応募締切】11月15日(水)まで
 
【講演】
・「経団連の働き方改革の取組み」
・「キリンビールの働き方改革」
・「日本マイクロソフトのフレキシブルワークスタイル」
・「広島県の働き方改革の取組について」
【パネルディスカッション】
・「人口減少社会における地方企業の働き方改革」
(ファシリテーター)
学習院大学 名誉教授 今野浩一郎氏
(パネリスト)
㈱オーザック 専務取締役 岡崎瑞穂氏
㈱サタケ 取締役人事部長 木谷博郁氏
広島電鉄㈱ 人材管理本部人事部長 嶋治美帆子氏
㈱ワーキンエージェント 取締役 藤原輝氏
 
■主催:(一社)日本経済団体連合会、広島県経営者協会、広島県商工会議所連合会、広島経済同友会、広島県商工会連合会、広島県中小企業団体中央会、(一社)中国経済連合会
 ■後援:広島県、広島労働局、日本労働組合総連合会広島県連合会
 
【問い合わせ先】広島県経営者協会 (TEL:082-221-6844 FAX:082-221-6830)
 
ものづくり補助金にかかる交付決定日等の情報開示について
2017-09-29
ものづくり補助金に係る交付決定日等の情報を開示します。

・平成28年度補正 革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金

交付決定一覧【PDF形式】

広島県地域事務局
広島県中小企業団体中央会
ものづくり連携倶楽部ひろしま「第6回講演会・企業交流会 ~IoT活用による省力化・効率化~」開催のご案内
2017-09-15
たくさんのお申込いただき誠にありがとうございました。
次回開催につきましても、皆様のご参加をお待ちしております。


人材の確保が中小企業共通の重要課題である中、第6回では、「中小・小規模事業者の省力化・効率化」をテーマに開催します。
IoT等を活用した省力化・効率化についての事例をご参考にしていただき、今後の企業戦略の展開に役立てていただきたいと考えております。
多くの企業の皆様のご参加をお待ちしております。
日 時:平成29年10月11日(水)15:00~19:30
場 所:ANAクラウンプラザホテル広島
定 員:70名
参加費:4,000円/1名 ※中央会会員組合員企業・賛助会員は2,000円/1名
 
○講演会:I Smart Technologies株式会社(http://istc.co.jp/index.html)
     「町工場でも成果の出せるIoT-昭和の機械でも接続-~IoTによる生産現場の見える化で生産効率が6割も向上」
○プレゼンテーション
 ・シグマ株式会社(http://www.sigma-k.co.jp/
 ・ダックケーブル株式会社(http://www.daccable.com/index2.html
 ・株式会社フォノグラム(https://www.phonogram.co.jp/
 ・西研株式会社(http://www.nishiken-inc.com/
 ・独立行政法人中小企業基盤整備機構中国本部(http://www.smrj.go.jp/chugoku/
 
○商談会:上記の5企業及び団体と商談・相談が可能です。ぜひお申込ください。
○交流会:企業連携・マッチング等に関する情報交換。

【参加申込方法】
参加申込書に必要事項をご記入いただき、10月2日(月)までに、FAX(082-228-0925)または、E-mail(mono-mail@chuokai-hiroshima.or.jp)にてお申込ください。

【お問い合わせ】
広島県中小企業団体中央会 連携支援部(角崎、畠山)まで TEL:082-228-0926
「WIT2017」開催!~広島から「働き方」と「女性活躍」を次のステージへ~
2017-09-11
 平成29年9月8日(金)9日(土)の二日間にわたって、広島国際会議場において、これからの働き方や女性活躍を考える「WIT2017(WORK &WOMEN IN INNVATION SUMMIT))」が県内外から約750名の参加を得て開催された。
 主催広島県、共催「働き方改革推進・働く女性応援会議ひろしま」で開催されたもので、企業経営者や専門家が「人生100年時代の働き方」「リーダーのチャレンジ」「広島から始まる、新しい価値創造」などをテーマに組織改革などについて議論が行われた。加藤勝信厚生労働大臣・働き方改革担当大臣の特別講演もあった。
 また、初日の最後に、広島県湯崎知事や第一回の「働き方改革実践企業」に認定された20社の代表者及び推進会議メンバーで宣言が行われ、当会はこの会議の構成メンバーの一人として宣言に加わった。
 
平成29年度「中小企業組合検定試験」受験申込の受付開始について
2017-09-04
全国中央会HPにジャンプします(下記リンクをクリック)
↓      ↓      ↓      ↓
 http://www.chuokai.or.jp/hotinfo/kumiai-kentei2017.html

なお、願書のお取り寄せ、お申込等の詳細については、広島県中央会までお問い合わせください。

【お問い合わせ】
TEL:082-228-0926  広島県中央会 情報調査部(原田)まで
ものづくり補助金に係る認定支援機関との情報連絡会議を開催
2017-08-30
広島県中小企業団体中央会は8月29日、ホテルメルパルク広島にて、ものづくり補助金の実施事業者への効果的なフォローアップ支援の為、認定支援機関(金融機関、中小企業支援機関等15機関)との情報連絡会議を開催した。
当会議では、中国経済産業局、全国中小企業団体中央会、公益財団法人ひろしま産業振興機構の各機関より認定支援機関の役割、補助事業者からの要望・評価、よろず支援拠点の活用方法、連携等についての説明の後、各認定支援機関より、支援上の課題や問題点、フォローアップ支援(事業化支援)に活かせる強みや得意分野・支援メニュー、他の認定支援機関との連携方策等について、今後の仕組み作りに向け活発な意見交換がなされた。

 

認定支援機関情報連絡会議の様子
 
経済4団体・連合主催「働き方改革 労使シンポジウム」開催のご案内について(全国中央会より)
2017-08-25
経済4団体及び連合が主催となって毎年開催されるシンポジウムが今年も開催されます。
今年は、「働き方改革実行計画」が取りまとめられたことを踏まえ、労使の働き方改革を進めるために「労使の創意工夫でワーク・ライフ・シナジーを高める」をテーマに、長時間・過重労働の防止や多様な従業員の活躍促進等に取り組む企業の事例紹介等が行われる予定です。
 
日 時:2017年9月22日(金) 10:00~12:00
会 場:経団連会館 2階 経団連ホール(東京都千代田区大手町1-3-2)
主 催:[経済団体] 一般社団法人 日本経済団体連合会
             日本商工会議所
             公益社団法人 経済同友会
             全国中小企業団体中央会
    [労働団体] 日本労働組合総連合会
定 員:先着250名
申込み:参加を希望される場合は、申込用紙をご記入の上、9月8日(金)までにファクスもしくはe-mailにてご回示ください。
案内先:主催団体会員 各位
 
 *定員となり次第、受付を締め切らせていただきます。
 *1団体(企業)2名までご参加いただけます。ただし、定員を超えた場合、人数のご調整をお願いすることがございますので、予めご了解ください。
 *当日は、申込用紙またはお名刺を受付にご提示ください。
 *本シンポジウムは、軽装(ネクタイ・ジャケットなし)でのご参加で結構です。
 
[本ご案内に関するお問い合わせ先]
全国中小企業団体中央会 
労働・人材政策本部 労働政策部 菱沼、篠塚、小西
TEL 03-3523-4903   FAX 03-3523-4910
e-mail roudo-seisaku@mail.chuokai.or.jp
 
[お申込み先]
経団連労働法制本部 山隈、横尾、釜野
TEL 03-6741-0655、-0182   FAX 03-6741-0382
e-mail symposium0922@keidanren.or.jp
平成29年通常総会を開催(中小企業組合士会)
2017-08-18
  広島県中小企業組合士会は、7月21日、ホテルセンチュリー21広島にて、平成29年通常総会及び中国ブロック協議会通常総会総会を開催した。総会の報告事項では、昨年度全国中央会が設置した組合士活性化研究会において中小企業組合士を対象に実施した調査結果の報告書を行った。その後、今年度新たに中小企業組合士の認定を受けた6名に対して認定書の交付が行われた。
 その後、中国ブロック組合士会と合同で、一般社団法人せとうち観光推進機構 村橋克則事業本部長より「「せとうちDMO」による瀬戸内のブランディング」をテーマに講演を開いた。村橋氏は、「民間の手法と行政の役割を併せもち、一体的に地域経営を担うのがDMOの役割。広域で連携することのメリットは観光資源、顧客資源、経営資源を共有することで、スケールメリットや補完関係、交渉力などが大いに強化される。多くの事業者にせとうちDMO活動に参画していただき、当事者として利用してほしい。」と述べられた。

通常総会会場の様子
「平成29年度県知事を囲んでの集い」開催のご案内(青年中央会)
2017-08-18
中小企業にとっては、引き続き厳しい経営状況が続くことが予想されています。こうした中、若手経営者や後継者が中小企業組合において活力ある組織活動を展開し、また企業経営においても柔軟な発想力や機動力を発揮していくことが求められております。
湯﨑広島県知事は就任後、「ひろしま未来チャレンジビジョン」により目標を掲げ、成果志向の行政経営に取り組まれております。今回は、「新たな経済成長」の取組とその成果、さらには目標達成を強く意識したマネジメントの方法について講演いただくことで、青年経営者にとって、今後の組合活動や企業経営等に大いに参考になると考えております。また、講演に先立ち、青年中央会会員青年部の取り組みについての事例発表を計画しております。
県知事によるご講話、青年部の取組についての事例発表は、組合青年部のさらなる活性化に資するものと思われますので、若手経営者・後継者の方を始め、多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申し上げます。
なお、参加の申し込みにつきましては、参加申込書に必要事項をご記入の上、8月31日(木)までに郵送、FAX又はE-mailにてお知らせくださいますようお願いします。 

○「平成29年度県知事を囲んでの集い」開催概要
1.主  催  広島県中小企業団体中央会
        広島県中小企業団体青年中央会
2.開催日時  平成29年9月7日(木)17:00~20:30 
3.開催場所  リーガロイヤルホテル広島
        講演会 3F「音戸の間」17:00~18:45
        懇親会 3F「瀬戸の間」19:00~20:30
4.出席予定者 組合青年部員、青年経営者、青年後継者等の方 約60名
5.参加費   1人8,000円
6.内  容  1)開会挨拶 17:00~17:10
        2)組合青年部活動事例 17:10~17:50
          協同組合三菱広島協力会青年部
          広島市指定上下水道工事業協同組合青年部
         3)講演及び事例発表についてのコメント 17:55~18:30
          講 師:広島県知事 湯崎 英彦 様
           テーマ:新たな経済成長にかかる取り組みと成果について(仮題)
         4)質疑等 18:30~18:45
            5)懇親会 19:00~20:30

※なお、参加料につきましては、参加のお申し込みと同時に下記口座へお振込みいただきますよう併せてお願い申しあげます。
 【振込口座】 広島銀行本店  普通預金 0974086
              広島県中小企業団体青年中央会 会長 田口裕司

【連絡先】
広島県中央会本所  TEL(082)228-0926 FAX(082)228-0925
福山支所  TEL(084)922-4258 FAX(084)922-4273
 
【送り先】  〒730-0011 広島市中区基町5-44広島商工会議所ビル6F
FAX(082)228-0925
又は k-shozako@chuokai-hiroshima.or.jp
 
後継者育成事業(婚活イベント事業)開催決定! ~青空コンin果実の森 ぶどう狩り&プチ運動会~(青年中央会)
2017-08-18

婚活イベント事業「青空コン」(※青年中央会のページへジャンプします)

健康経営の普及促進に向けた相互連携協定に締結
2017-08-08
 本日、平成29年8月8日午前10時、当会の伊藤學人会長が、広島商工会議所ビルにて、広島県商工会議所連合会、広島県商工会連合会、広島県中小企業団体中央会、全国健康保険協会広島支部、健康保険組合連合会広島連合会5者の包括提携に臨み、締結書に署名いたしました。
 中央会としては、組合員企業、賛助会員企業様を対象に、健康経営の取組みの意義や取組みに当たっての具体的な課題解決を強力にサポートし、企業の成長支援に努めて参ります。(取組みの具体方針については、後日会報等でお知らせいたします)
 
 

5団体が締結書に署名(中央:伊藤会長)



締結書に署名する様子
 
 

健康経営の普及促進に向けた相互連携協定締結書
お盆期間中のものづくり補助金に関するお問い合わせについて
2017-08-04
お盆期間中(8月14日(月)~8月16日(水))、広島県地域事務局(広島・福山)の営業はお休みとさせていただきます。
お盆期間中のものづくり補助金に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。
※8月17日以降は、通常通り営業いたします。

広島県中小企業団体中央会
TEL:(082)228-0926 FAX:(082)228-0925
〒730-0011 広島市中区基町5-44 広島商工会議所ビル6F

広島県中小企業団体中央会(福山支所)
TEL:(084)922-4258 FAX:(084)922-4258
〒720-0067 福山市西町二丁目10番1号 福山商工会議所ビル7F
「ものづくり補助金」に係る広島県地域事務局(広島・福山)へのお問い合わせ等について
2017-08-03

「ものづくり補助金」に係る広島県地域事務局(広島・福山)へのお問い合わせについては、下記の通りとなっておりますので、お知らせいたします。

 〔平成28年度補正〕

・広島県地域事務局(広島)
(TEL)082-222-8338  (FAX)082-222-1777
〒730-0011 広島市中区基町番44号 広島商工会議所ビル8F

・広島県地域事務局(福山)
(TEL)084-922-4258  (FAX)084-922-4273
〒720-0067 福山市西町二丁目10番1号 福山商工会議所ビル7F

※平成27年度「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」に関するお問い合わせについては、こちらにおかけ下さい。

【フォローアップ事業(ものづくり補助金(H24~26))】

・広島県地域事務局(広島)
(TEL)082-225-6851(※復旧済)(FAX)082-225-6852
〒730-0011 広島市中区基町5-44 広島商工会議所ビル8F

・広島県地域事務局(福山)
(TEL)084-959-2360  (FAX)084-959-2380
〒720-0067 福山市西町二丁目10番1号 福山商工会議所ビル9F

取引力強化推進事業の公募について
2017-05-29
広島県中小企業団体中央会では、「取引力強化推進事業」の公募を以下の通り公募いたします。
当事業は、中小企業者・小規模事業者の取引力強化を図るため、組合等中小企業が連携して行う効率的・効果的な販路開拓の取り組みを支援する事業です。
実施を希望される場合は、下記の公募要領をご覧の上、ご応募下さい。

■補助対象となる事業内容
中小企業・小規模事業者が連携して、共同事業の活性化や受注拡大等、取引力の強化促進を図るために行う特徴的又は先進的な事業。

<具体的な事業分類>
中小企業・小規模事業者が連携し、共同事業の活性化や受注促進等取引力の強化促進を図るために行う、先進的又は波及効果・横展開が期待される事業。
A.共同事業活性化
共同購買や共同宣伝の活性化のため、組合事業や組合員の企業・事業紹介等行う組合ホームページやチラシ等の検討や作成を行う事業。
B.受注促進
  共同受注促進のため、組合ブランド商品のホームページやチラシ等の検討や作成等を行う事業。
C.ブランド構築
  連携によるブランド構築を目指す事業であって、共同宣伝、共同受注の実現に向けた、ブランドコンセプト、運用基準、ロゴ、統一パッケージ等の検討・作成を行う事業。
D.取引条件改善
  団体協約の締結や取引条件の改善に向けた交渉等、組合員の取引条件の改善、構造改革を促進するために行う事業。
E.その他
  上記の他、業界の特徴等を踏まえて行う中小企業・小規模事業者の取引力強化を促進するための事業。

■補助対象者
 本事業の補助対象となる組合等は、以下の要件を備えているものとします。
①事業協同組合、商工組合及び商店街振興組合のうち、その直接又は間接の構成員の2分の1以上が小規模事業者であるもの。
②事業協同小組合及び企業組合。
③協業組合であって、常時使用する従業員の数が5人以下のもの又は組合員の4分の3以上が協業実施直前において小規模事業者であったもの。
④事業協同組合連合会、商工組合連合会及び商店街振興組合連合会のうち、その会員組合の直接又は間接の構成員の総数のうち、2分の1以上が小規模事業者であるもの。
⑤その他の特別の法律に基づく組合及びその連合会にあっては、その直接又は間接の構成員たる事業者の3分の2以上が中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に規定する中小企業者であって、構成員の2分の1以上が小規模事業者であるもの。
⑥一般社団法人(直接又は間接の構成員の3分の2以上が中小企業基本法第2条に規定する中小企業者であるものに限る。)であって、構成員の2分の1以上が小規模事業者であるもの。
⑤前記①~④に掲げる組合以外の組合であって他の特別の法律に基づく組合にあっては、その直接又は間接の構成員の2分の1以上が小企業者であるもの。
※小規模事業者
  常時使用する従業員の数が20人(商業又はサービス業を主たる事業とする事業者については、5人以下の会社及び個人)
 
■補助金額及び補助対象経費
・1件当たりの補助金額は500千円を上限(下限額は100千円)とし、補助対象経費総額の2/3を助成します。
※応募件数の状況に応じて補助金上限額が変更となる場合があります。
・補助対象経費は、謝金、旅費、消耗品費、会議費、印刷費、会場借上料、雑役務費、通信運搬費、委託費となります。

■補助事業実施期間
補助金の交付決定を受けた日から平成30年2月15日まで
  
■公募期間
平成29年5月29日(月)~平成29年6月19日(月)

■応募先
広島県中小企業団体中央会 

■公募要領
http://www.chuokai-hiroshima.or.jp/news/29torihiki1.pdf
■応募様式
http://www.chuokai-hiroshima.or.jp/news/29torihiki2.doc

■ご相談・お問い合わせ 
情報調査部 白井・原田 TEL(082)228-0926

小企業者組合成長戦略推進プログラム等支援事業の公募について
2017-05-29
広島県中小企業団体中央会では、「小企業者組合成長戦略推進プログラム等支援事業」の公募を以下のとおり行います。

■事業の内容
①組合員である小企業者の経営基盤の強化や生産性の向上を目指した、既存の共同事業の改善や新たな事業開発のためのフィージビリティ・スタディ事業
②フィージビリティ・スタディの結果を具体化するための事業

■補助対象組合(以下のいずれかの要件を備えている小企業者組合)
①事業協同組合、商工組合及び商店街振興組合のうち、その直接又は間接の構成員の4分の3以上が小企業者(常時使用する従業員の数が5人(商業又はサービス業を主たる事業とする事業者については、2人(以下同じ))以下の会社及び個人)であるもの。
②事業協同小組合及び企業組合。
③協業組合であって、常時使用する従業員の数が5人以下のもの又は組合員の4分の3以上が協業実施直前において小企業者であったもの。
④事業協同組合連合会、商工組合連合会及び商店街振興組合連合会のうち、その会員組合の直接又は間接の構成員の総数のうち、4分の3以上が小企業者であるもの。
⑤前記①~④に掲げる組合以外の組合であって他の特別の法律に基づく組合にあっては、その直接又は間接の構成員の4分の3以上が小企業者であるもの。

■補助金額及び補助対象経費
・補助対象総額の2/3以内であって、1,200千円を限度とします。
・補助対象経費は、謝金、旅費、会議費、借損料、通信運搬費、印刷費、原稿料、消耗品費、雑役務費、委託費となります。

■公募期間
平成29年5月29日(月)~6月19日(月)

■応募先
広島県中小企業団体中央会

■補助事業期間
補助金の交付決定を受けた日から平成30年2月15日まで

■「公募要領」
http://www.chuokai-hiroshima.or.jp/news/170529koubo1.pdf
■「応募様式」
http://www.chuokai-hiroshima.or.jp/news/170529koubo2.doc


【ご相談・お問い合わせ】
当会 情報調査部 藤原・原田 TEL:(082)228-0926

平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の補助金等交付決定に関する情報開示について
2017-04-28
平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の補助金等交付決定に関する情報につきまして開示いたします。
開示情報につきましては、以下のデータをダウンロードの上、ご参照ください。
 
 
「平成29年度ものづくり中小企業・小規模事業者連携支援事業」 の公募について(全国中央会より)
2017-04-25
 本事業は、ものづくり中小企業が連携・グループ化して強みを結集し、個々の中小企業では対応困難な新製品開発や一貫生産体制の構築など、新たな事業活動の展開と事業化実現を目指す取り組みを支援するものです。
 
【公募期間】
 平成29年4月25日(火) ~ 平成29年6月9日(金)
 
【公募要領等】
 
 ※必ず公募要領をご覧になったうえで応募申請してください。
 ※管理機関において謝金や旅費等の支出規程を有しない場合は以下の内規を確認し、使用経費の算出をしてください。
 
 
【公募説明会】
 
【問合せ先】
 全国中小企業団体中央会 振興部
 電話  03-3523-4904
  10:00~12:00、13:30~17:00/月曜~金曜(祝日を除く)
「イノベーション・ハブ・ひろしま“Camps(キャンプス)”」が本日オープンしました~テープカットに伊藤会長が出席~
2017-03-24
 「イノベーション・ハブ・ひろしま“Camps(キャンプス)”」が本日オープンしました
~テープカットに伊藤会長が出席~

本日、3月24日(金)に人や資金・情報などが集積・結合して,新たなつながりとイノベーションが次々と生み出される好環境が形成されることを目指す新たな施設「イノベーション・ハブ・ひろしま“Camps”」がオープンしました。異業種間連携や産学官連携などによる新規事業や,ビジネスと地域づくりが融合した新たな取組を創出するとともに,イノベーションの機運醸成などを促進することが大いに期待されています。
一般開放は、明日の3月25日(土)から開始されます。

≪概要≫
一般開放:平成29年3月25日(土)
所 在 地:広島市中区紙屋町一丁目4-3 エフケイビル1階
【施設概要】
○ワークショップエリア(ワークショップスペース,ライブラリ,ミニキッチン等)
○セミナーエリア(セミナー等イベントスペース(最大80名まで))
○Fabエリア(レーザーカッター,大判・3Dプリンター等)
○マルシェエリア(マーケティング・販売テスト等のスペース)



テープカットを行う伊藤學人会長(右から二人目)


主催者挨拶する広島県知事 湯﨑英彦 氏


パートナー企業のグーグル合同会社
専務執行役員CMO 岩村水樹 氏


オープニングセレモニーの様子


Google日本法人によるワークショップ風景



常設設備:3Dプリンター


常設設備:レーザーカッター
青年中央会「平成28年度海外研修inラオス」を開催しました
2017-03-17
日系企業も注目するラオスを訪問
「平成28年度海外研修」inビエンチャン
 
 第15回目となる今年度の海外研修は、2月16日~2月19日の4日間、青年中央会会員11名でラオスの首都ビエンチャンを訪問した。ラオスはメコン地域の中央に位置し、5か国(中国・タイ・ベトナム・カンボジア・ミャンマー)に隣接する内陸国。日本の本州程度の国土面積に700万人が暮らしており、近年は7~8.5%のGDP成長率で推移している。豊富な資源と、メコン川での水力発電を主要な輸出品目としている一方、国内製造品が乏しく、自動車から日用品に至る多くの製品を輸入に頼っている。
 視察研修では、まず、JETRO(日本貿易振興機構)ビエンチャン事務所を訪問し、柴田所長より、ラオスの基本情報や経済情報、日系企業進出におけるメリット、デメリットについて説明があった。「日系企業の進出はまだ多くないが、チャイナプラスワン・タイプラスワンとして縫製業を中心に増えてきている。特にタイは別々の公用語でも類似性が高く、ある程度の会話も可能で、タイ人にラオス工場を管理させる事も可能だ」との話があった。非常に手先が器用な事も縫製業進出を後押ししているとのことだが、その一方で、離職率の高さなどに見える希薄な人柄と、内陸国で、インフラ整備不足による輸送コストが高い点でデメリットもあるとのことであった。
 その後、VITA PARK(特別経済区)を訪問し、StephenLin氏に話を伺った。Stephen Lin氏は、「タイとの国境に係る「第一友好橋」から車で20分の距離にあるVITA PARKはまだ新しく、工場建設予定地が半分以上を占めている。現在は48企業が入居又は入居を確定しており、その中には大手日系企業も含まれている。税制面では、投資額により、最大で10年間の利益税の免除の他、輸出入に係る関税も免除される。また、100%外資の法人を立ち上げる事が可能という事もメリットだろう。」と説明があった。将来的には、特区内に大学と専門学校を建設するというユニークな発想もあり、政府の企業誘致が前向きである事が伺えた。
 最後に、福山市出身の井上氏が、ラオス人と共同経営しているラム酒工場「LAODI」を訪問。ラオスでラム酒生産に至った経緯や、ラム酒作りの製造工程について説明があった。12ha以上ある農場で、完全無農薬のサトウキビを栽培し、それを原料にラム酒を製造している。ラム酒の味やパッケージも福山大学と連携し改良を行った経緯もある。今年のISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)にも出品を予定している。
 研修に参加した田崎副会長は、「ラオスは温和で手先の器用な国民性に特化したビジネスモデルもある。ゆったりとした時間が流れるこの国に、新たなビジネスの可能性を秘めていると感じた。LAODIの様なアグリビジネスには最適な環境ではないだろうか。」とラオス訪問による新規ビジネスへの想いを述べられた。
 
 
 
JETRO事務所での集合写真

VITAPARK(特別経済区)訪問

「LAODI」のラム酒

LAODIの製造方法を学ぶ参加者
« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 »