広島県中小企業団体中央会

082-228-0926(本所・広島)
084-922-4258(支所・福山)
chuokai@chuokai-hiroshima.or.jp

新型コロナウィルス感染症に関するお知らせ

新型コロナ感染拡大防止のための早期集中対策について(広島県より) new
2021-07-30
 本県の現時点における感染状況はステージⅡでありますが、今後、夏休み、お盆など人の移動が活発化する中、大都市圏の感染拡大が本県に及ぶ可能性が高くなっています。また、新規報告者数のうち30 歳代までが全体の6割を占めていること、この数日間、広島市の新規報告者数が増加する状況が見られることから都市部における感染者の急激な増加が懸念されます。(令和3年7月30 日までの1週間の人口10 万人当たり新規報告者数 全県:10.1 人)
 こうしたことから、これまでよりも早い段階で行動制限や施設の使用制限など強い対策を実施することにより、感染の拡大及び重症者・死亡者の発生を最小限に抑え、早期に警戒基準値を安定的に下回る状態とすることを目指し、集中的な感染拡大防止対策に取り組みます。
 
 早期集中対策期間:7月31 日(土)~9月12 日(日)
 〔集中対策重点区域(広島市、三原市、廿日市市):7月31 日(土)~9月12 日(日)〕

 事業者の皆様に対して、感染防止対策の徹底に加え、出勤者の7割削減や出勤者数削減の取組状況の公表など取組促進を要請するとともに、集中対策重点区域(広島市、三原市、廿日市市)を対象に、20 時以降の勤務の抑制や、酒類を提供する飲食店に対する営業時間短縮の要請、大規模施設等に対する営業時間短縮等の働きかけなどを行います。
 ついては、感染拡大防止の取組について御協力をいただきますよう、お願いします。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県HP)
 【参考資料】
  ○新型コロナ感染拡大防止のための早期集中対策(7/31~9/12)
  ○広島県におけるイベントの開催条件について
 
新型コロナウイルス影響事業者緊急支援事業「広島は決して折れない!一丸の矢プロジェクト」を開始(広島市より) new
2021-07-28
 広島市では、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、苦境に立たされている中小事業者が、共助の精神の下、団体又はグループで苦境に耐え、感染拡大の防止を図りながら事業を維持するために行う取組に要する経費を補助します。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島市HP)
在留外国人への「新型コロナ感染拡大防止集中対策」終了後の感染防止対策について(広島県より)
2021-07-20

 本県において5月8日から取り組んできた「集中対策」については、7月11 日をもって終了し、外出の削減などの行動制限に係る要請について、解除となりました。一方で、今後も感染を最小限に抑えていく必要があることから、継続的に感染者の早期把握や感染防止対策に取り組むこととしています。
 つきましては、「新型コロナウイルスの感染を防ぐため 協力をお願いします」を、外国人を雇用する企業の皆様や外国人の方にもご覧頂き、引き続き新型コロナウイルスの感染を防ぐためのご協力をお願いいたします。
 また、出入国在留管理庁が、在留資格認定証明書の有効期間の延長等、新たな特例措置を講じていますので、併せてご活用下さい。

○ 広島県「新型コロナウイルスの感染を防ぐため、協力をお願いします」
・広島在住外国人生活情報サイト“Live in Hiroshima”
・「やさしい日本語」及び多言語(9言語)サイト(機械翻訳)リンク

○ 出入国在留管理庁
・新型コロナウイルス感染症に関する外国人の在留諸申請について
 「在留資格認定証明書交付申請の取扱い」

職場における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について(厚生労働省より)
2021-07-14

 この度、厚生労働省より、緊急事態措置区域として東京都が追加されたこと等を踏まえた職場における新型コロナウイルス感染症対策の徹底について、全国中央会に対し、周知依頼がありました。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(厚生労働省HP)
  

集中対策の終了及び広島県の対処方針の改正について(広島県より)
2021-07-09
 本県の感染状況は、全県及び広島市においても安定的に警戒基準値を下回る状態となることが見込まれるため、5月8日から取り組んできた「集中対策」については、7月11 日をもって終了することとし、外出の削減や営業時間の短縮など行動制限や施設の使用制限に係る要請について、解除します。
 一方、今後も感染の再拡大を回避するなど感染を最小限に抑えていく必要があることから、継続的に取り組む事項「新型コロナウイルス感染拡大防止のための広島県の対処方針」を改正します。
 事業者の皆さんにおかれましては、対処方針に基づき、引き続き感染防止対策の徹底に取り組んでいただきますよう、お願いいたします。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県HP)

在留外国人への「緊急事態宣言」解除後の 新型コロナ感染拡大防止集中対策について(広島県より)
2021-06-24

 本県に対する緊急事態宣言は、6月20 日をもって解除されましたが、本県の現時点における感染状況は、広島市、東広島市及び廿日市市が比較的高い水準にあり、継続的な感染が認められます。このため、県では6月21 日から7月11 日までの期間、集中対策期間として集中的な対策に取り組んでいます
 つきましては、「新型コロナウイルスの感染を防ぐため 協力をお願いします」を、外国人を雇用する企業の皆様や外国人の方にもご覧頂き、新型コロナウイルスの感染を防ぐためのご協力をお願いいたします。
 また、内閣府(防災担当)及び消防庁が「新たな避難情報に関するポスター・チラシ」を作成しましたので、併せてご活用をお願いいたします。

○ 広島県「新型コロナウイルスの感染を防ぐため、協力をお願いします」
 ・広島在住外国人生活情報サイト“Live in Hiroshima”
 ・「やさしい日本語」及び多言語(9言語)サイト(機械翻訳)リンク
○ 内閣府(防災担当)・消防庁「新たな避難情報に関するポスター・チラシ」

トライアル雇用助成金(新型コロナウイルス感染症対応(短時間)トライアルコース)のご案内(厚生労働省より)
2021-06-21
 厚生労働省においては、新型コロナウイルス感染症の影響により離職を余儀なくされた方の早期再就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的に、トライアル雇用助成金が創設されています。
 「トライアル雇用(新型コロナウィルス感染症対応(短時間)トライアルコース)」では、新型コロナウイルス感染症の影響で離職し、これまで経験のない職業に就くことを希望している求職者を、無期雇用へ移行することを前提に、原則3か月間試行雇用する制度です。
 
 詳細については、こちらをご覧下さい。(厚生労働省HP)
「緊急事態宣言」解除後の新型コロナ感染拡大防止集中対策について(広島県より)
2021-06-18

  「緊急事態宣言」解除後の新型コロナ感染拡大防止集中対策につきましては、6月21日以降も県民・事業者と一丸となって集中的な対策に取り組み、感染状況を踏まえて地域や要請事項(行動制限)を段階的に緩和していくこととしております。
 事業者の皆様におかれましては、引き続き感染拡大防止の取組について御協力をいただきますよう、お願いいたします。

 ○集中対策期間:令和3年6月21 日(月)~7月11 日(日)の21 日間
   ※ただし、日々の感染状況を踏まえた期間の見直しも念頭において取り組んでいく。 

 詳細については、以下をご覧下さい。(広島県HP)
 ○新型コロナ感染拡大防止集中対策【R3.6.17会見】
 ○「緊急事態宣言」解除後の新型コロナ感染拡大防止集中対策について(PDF)

 また、飲食店等に対する感染症拡大防止協力支援金については、令和3年度第3期の情報を公開しております。
 ○広島県感染症拡大防止協力支援金(令和3年度第3期)について

「頑張る中小事業者月次支援金」の事業開始について(広島県より)
2021-06-14
 広島県では、緊急事態措置の影響により、売上が減少した県内事業者を対象に、支援金を給付します。
 また、制度の開始に併せて、令和3年6月11日(金)15時にコールセンターを開設し、同時に、ホームページも公開しました。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県「頑張る中小事業者月次支援金」HP)

 
「事業所PCR検査集中実施」の再開について(広島県より)
2021-06-10

 一時中断しておりました「事業所PCR検査集中実施」につきまして、対象者を見直し、再開させていただくことになりました。
 再開後の対象者は「県内事業所のうち、感染者が発生し、保健所が積極的疫学調査を開始した事業所の従事者及び関係者」です。
 6月8日、知事が記者会見を行い、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づいて、感染者の発生した事業所の方にPCR検査を受けていただくことを要請しました。
 
 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県HP)
 

在留外国人への「緊急事態宣言」の期間延長に伴う新型コロナ感染拡大防止集中対策について(広島県より)
2021-06-03

 5月28 日、本県に対して、「緊急事態宣言」の延長が決定されました。6月20 日までの期間、引き続き必要な緊急事態措置(県全域)を講じるとともに、県民・事業者と一丸になって集中的な感染防止対策に取り組みます。
 つきましては、外国人を雇用する企業の皆様や外国人の方におかれましても、下記の「新型コロナウイルスの感染を防ぐため 協力をお願いします」をご覧頂き、新型コロナウイルスの感染を防ぐためのご協力をお願いいたします。
 また、NHK がウェブサイト「Multilingual EMERGENCY Updates/外国の言葉による災害・コロナの情報」において、ワクチン接種等の新型コロナウイルス感染症の情報や、災害に関する情報を18の言語で発信していますので、併せてご活用をお願いいたします。

○ 広島県「新型コロナウイルスの感染を防ぐため、協力をお願いします」
 ・広島在住外国人生活情報サイト“Live in Hiroshima”
 ・「やさしい日本語」及び多言語(9言語)サイト(機械翻訳)リンク
○ NHK「新しいコロナワクチンの注射について」
 ・NHK「Multilingual EMERGENCY Updates/外国の言葉による災害・コロナの情報」
 ・NHK「【Coronavirus】 Vaccination Updates / ワクチンを注射するには?」

県内事業者への支援策一覧の作成について(広島県より)
2021-05-31

 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける県内事業者が、国、県などの支援策を効果的に活用できるよう、主な支援策を取りまとめた資料を作成しました。今後も、随時、新たな支援策の情報などを追加、更新していく予定です。

 詳細については、以下をご覧下さい。
 ○県内事業者に対する新型コロナウイルス感染症に伴う主な支援施策(広島県HP)

「緊急事態宣言」の発出に伴う新型コロナ感染拡大防止集中対策について(広島県より)
2021-05-31

 5月28 日、本県に対して、「緊急事態宣言」の延長が決定されました。
 本県の現時点における感染状況はステージⅣが継続しており、本県は危機的な状況にあります。一方、対策開始後の人出は徐々に減少してきており、対策継続による感染状況への効果の発現が期待されることから、外出半減、出勤者7 割削減など県民・事業者の主体的な行動が欠かせません。
 県民の健康・命を守り、社会経済活動への影響を最小限にとどめるため、引き続き、必要な緊急事態措置(県全域)を講じるとともに、県民・事業者と一丸となって集中的な感染拡大防止対策に取り組みます。

【措置期間1】 5月16日 ~ 5月31日
【措置期間2】 6月1日 ~ 6月20日
 ※緊急事態宣言延長に伴い、施設の使用制限に関する6月1日の取り扱いが変更になっています。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島県HP)

 要請に応じていただいた場合の協力支援金については、次のとおりです。
 ○【飲食店】広島県感染症拡大防止協力支援金について
 ○【大規模施設】広島県大規模施設等協力金の支給について

中小法人・個人事業者のための月次支援金について(経済産業省より)
2021-05-26

 2021年の4月以降に実施される緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う、「飲食店の休業・時短営業」や「外出自粛等」の影響により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に月次支援金を給付し、事業の継続・立て直しやそのための取組を支援します。
 月次支援金の給付に当たっては、一時支援金の仕組みを用いることで、事前確認や提出資料の簡略化を図り、申請者の利便性を高めていきます。
 4・5月分の申請受付期間は6月中下旬~8月中下旬と予定されております。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(経済産業省HP)

在留外国人への「緊急事態宣言」の発出に伴う新型コロナ感染拡大防止集中対策について(広島県より)
2021-05-20

 5月14 日、本県に対して、「緊急事態宣言」が発出されました。これにより、県では、5月16 日から5月31 日までの期間、緊急事態措置期間とし、必要な緊急事態措置(県全域)を講じるとともに、集中的な感染拡大防止対策に取り組みます。
 つきましては、外国人を雇用する企業の皆様や外国人の方におかれましても、下記の「新型コロナウイルスの感染を防ぐため 協力をお願いします」をご覧頂き、新型コロナウイルスの感染を防ぐためのご協力をお願いいたします。

○ 「新型コロナウイルスの感染を防ぐため、協力をお願いします」(「やさしい日本語」及び多言語(9言語)サイト)

   

求職者支援制度のご案内(広島労働局より)
2021-05-18
 新型コロナウイルス感染症による雇用への影響が長期化する中で、職業訓練により求職者の職業能力の向上を図り、再就職や転職に結びつけていくことが喫緊の課題となっています。
 こうした状況を受け、広島労働局では、再就職や転職を目指している方に職業訓練の受講を広く働きかけ、求職者支援制度を活用し、職業訓練の受講に結びつけていく取組を重点的に進めることといたしました。
 詳細については、こちらをご覧下さい。(広島労働局HP)
在留外国人への新型コロナ感染症対策(感染拡大防止集中対策)及び広島市・福山市「全事業所PCR検査集中実施」等についての周知について(広島県より)
2021-05-12

 本県では,新型コロナウイルス感染症の感染拡大の予兆を探知できるようPCR検査体制を拡充することされており,広島市・福山市にお住まいの方,おつとめの方を対象に薬局を活用した無料のPCR検査を,令和3年5月31 日まで実施することとされています。
 外国人を雇用する企業の皆様や外国人の方におかれましても、新型コロナウイルスの感染を防ぐためのご協力をお願いいたします

○「お近くの薬局でPCR検査を受けられます」
 ・広島在住外国人生活情報サイト“Live in Hiroshima”
 ・「やさしい日本語」及び多言語(9言語)サイト(機械翻訳)リンク
○ 広島市の対象薬局
○ 福山市の対象薬局
○ 内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室資料
 ・在留外国人が参加するお祭り等における留意事項の記載チラシ
   

緊急事態宣言の延長を踏まえた職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防及び健康管理について(厚生労働省より)
2021-05-11
 厚生労働省より、このたび、全国中小企業団体中央会に対し、緊急事態宣言の延長を踏まえた職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防及び健康管理について、周知依頼がありました。

 詳細はこちらをご覧下さい。(厚生労働省HP)
新型コロナウイルス感染症拡大防止集中対策の実施について(広島県より)
2021-05-07
 5月7日(金)の本部員会議において、広島県の感染状況をステージ3に引き上げました。
 これに伴い、令和3年5月8日(土)から6月1日(火)まで、新型コロナウイルス感染症拡大防止集中対策を実施いたします。
新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について(厚生労働省より)
2021-05-07
 新型コロナウイルス感染症の影響により休業させられた労働者のうち、休業手当の支払いを受けることができなかった方に対し、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金を支給します。
 短時間勤務、シフトの日数減少なども対象になります。

 詳細については、こちらをご覧下さい。(厚生労働省HP)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 »